総量規制と総量規制対象外のローンについて解説します

「総量規制」は、カードローンでお金を借りる時に、絶対に避けては通れない問題です。

そこで、今回は総量規制についてわかりやすく解説します。

  • 総量規制ってなに?
  • 総量規制の対象になるのは、どんなローン?
  • 対象外の借り入れはあるの?

総量規制ってなに?

まず、総量規制とはなにかという基本からおさらいしていきましょう。

総量規制とは?

総量規制とは「年収の3分の1以上になる貸付をしてはいけない」と貸金業者に対し規制しているものです。

借り過ぎ防止のため、貸し過ぎを規制する

顧客保護の観点から、借り過ぎを防止するために貸し過ぎを規制する仕組みです。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。たとえば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。
借り手の収入や借入状況、借入目的などに応じた適切な貸付条件などに照らして、借り手が返済期間内に完済することが合理的に見込まれない貸付け、つまり、「返済能力を超える貸付け」は禁止されています。

出典:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

総量規制 3つのポイント

では次に、総量規制を3つのポイントに分けてもう少し詳しく説明します。

  1. なぜ総量規制があるのか?
  2. 貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社)からの借り入れが対象
  3. 総量規制の対象になる借り入れ、対象外の借り入れがある

1. なぜ総量規制があるのか?

過度な借り入れで自己破産や家庭が崩壊するような事態を防ぐために、法律(貸金業法)により、お金を貸す業者側に規制をしたものです。

この規制により、総量規制を超過する申し込みがあれば、審査は通らず借り過ぎ貸し過ぎが防げるという考え方にもとづいています。

2. 貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社)からの借り入れが対象

総量規制は、貸金業者からの借り入れが対象です。

貸金業者とは消費者金融、クレジットカード会社、貸金業法により規制を受ける業者のことで、大手消費者金融が代表例です。

銀行は貸金業者ではないので、貸金業法の規制を受けません。

したがってそもそも総量規制の対象ではないのです。

3. 総量規制の対象になる借り入れ、対象外の借り入れがある

上記したように、貸金業者ではない銀行からの借り入れは、原則として総量規制の対象外です。

これに対し、消費者金融のカードローンなどは、貸金業者からの借り入れなので原則として総量規制の対象になります。

ここで原則として、と繰り返したのには2つの意味があります。

総量規制の対象ではない銀行も自主的に規制している

銀行カードローンは総量規制対象外ですが、借り過ぎを防止する目的から、総量規制に近い自主規制をしています。

ですから、銀行系カードローンも借入残高の金額によっては審査が通らない可能性はあります。

一般的なカードローンの記事では

「銀行系カードローンは総量規制の対象外だから大丈夫!」

といった内容もありますが、決してそうとは限らないことは注意してください。

たとえば、個人の年収に対する借入額の比率を1/3以内に制限する総量規制の効果 として、多重債務の発生が一定程度に抑制されている状況等を踏まえ、銀行カードローンにおいても、個人の年収に対する借入額の比率を 意識した代弁率のコントロール等を行うべく信用保証会社と審査方針等を協議するよう努める。

出典:一般社団法人全国銀行協会/銀行カードローンに関する全銀協の取り組みについて

注意
銀行カードローンは保証会社の保証付きが一般的です。上記は総量規制を意識して銀行と保証会社が審査方針を決める、といった内容であり銀行カードローンが総量規制の対象になるという意味ではありません。

貸金業者の場合でも、年収の3分の1を超えた借り入れができる場合もある

2つめの理由は、除外貸付、例外貸付など貸金業者からの借り入れでも特別扱いのものがあるという点です。

こちらは、次項で詳しく説明します。

総量規制対象の借り入れ、対象外の借り入れ

では、具体的に総量規制の対象になる借り入れ、対象外の借り入れを整理して説明します。

総量規制対象の借り入れとは?

総量規制の対象になるのは、主に以下の借り入れです。

  1. 貸金業者からの借り入れ
  2. クレジットカードのキャッシング
  3. サラ金・街金からの借り入れ

1. 貸金業者からの借り入れ

消費者金融大手のカードローンなど、貸金業者の扱うローン全般を指します。

2. クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象です。

また、クレジットカードにカードローン機能があれば、これもカードローンとして総量規制の対象になります。

一方クレジットカードで買い物代金を支払うケースは対象外です。

これは、買い物代金の一時的な繰延べ(割賦販売と言います)で、上記したカードローンやキャッシングのような借り入れには該当しないからです。

クレジットカードを使った商品やサービスの購入(ショッピング)は、貸金業法の対象外ですので、総量規制の計算にあたって借入残高には含まれません。一方、クレジットカードを使用した借入れ(キャッシング)は、総量規制の対象となります。

出典:一般社団法人全国銀行協会/銀行カードローンに関する全銀協の取り組みについて 

  • キャッシングは総量規制の対象
  • クレジットカードのカードローンも対象
  • ショッピングは対象外

このように分類すると、わかりやすいと思います。

3. サラ金・街金からの借り入れ

いわゆるサラ金や街金などは、会社の規模が小さいだけで大手消費者金融と同じく、貸金業の許可を得た貸金業者です。

したがって、こうした中小消費者金融の借り入れも、総量規制の対象です。

一方、闇金などの違法な業者や許可を得ていない業者からの借り入れは、それ自体が違法な恐れがありますので、総量規制を考える以前に利用してはいけません。

総量規制対象外の借り入れとは?

ここまでは、貸金業者か金融機関かというように「どこから借りたか」が焦点でした。

次に「何のために借りるのか」という資金使途の点から、対象外になる借り入れについて解説します。

対象外になるのは「例外貸付」と「除外貸付」

総量規制の対象外になるのは2つあり、資金使途から除外貸付と例外貸付の2つに分けられます。

除外貸付とは

除外貸付とは、生活に必要不可欠な借り入れを指します。

たとえば住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の借り入れなどが該当します。

家・クルマ・医療費など生活になくてはならないものに使うお金は、借り入れしても総量規制の対象外です。

なおクルマの購入でも、カードローンやフリーローンで借りた場合は、あくまでカードローンなどの残高と判定され総量規制対象になりますので注意が必要です。

例外貸付とは

例外貸付とは、一定の条件を満たせば年収の3分の1を越えても例外的に借り入れできるというものです。

事業資金融資の一部や、おまとめローン(後半で詳しく解説)が該当します。

たとえば個人の事業資金融資では、新しい借り入れが年収の3分の1を超える場合でも、事業計画などから返済が可能と判断できれば、例外的に借り入れ可能になります。

例外貸付の注意点

例外貸付は、総量規制を越えても例外的に融資する(上述)ものなので、いくつか注意点があります

<例外貸付の注意点>

  • 借入額は総量規制の対象
  • 総量規制を超過したら、その後の借り入れはできない
借入額は総量規制の対象

例外貸付は、あくまで例外的に借り入れができるだけであり、残高は総量規制の対象です。

先に説明した除外貸付(総量規制の対象外なので、残高は総量規制に算入されない)とは違います。

ネット記事などでは除外と例外の違いが間違っているものが多いので、繰り返し説明させていただきました。

総量規制を超過したら、その後の借り入れはできない

借入残高が総量規制の基準を超過した場合には、その後の借り入れはできなくなります。

たとえば事業資金の場合、例外貸付として例外的に借り入れできたとしても、次の新規借り入れは無理なので慎重に考えなければいけません。

それと同時に、例外貸付とはあくまで「借りることができる仕組み」のことで、実際に融資を受けられるかは事業の状況など個別の審査になります。

総量規制が問題になるほど借り入れが多いということは、そもそも新規融資を受ける審査のハードルが高いわけです。

例外貸付は、借り入れできる仕組みで、借り入れできるかはその人次第です。

おまとめローンをわかりやすく解説

カードローンなどの返済が重なっている人が、ローンをまとめるのがおまとめローンです。

おまとめローンも総量規制の例外貸付ですが、例外となる条件など注意すべき点も多いので、ここから解説していきます。

<おまとめローンを理解するポイント>

    • おまとめローンとは?
    • 銀行と消費者金融では違いがある

1. おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数ある借り入れを一本化するローンで、「おまとめローン」「借り換えローン」「乗り換えローン」などとも呼ばれます。

複数ある借り入れを、その残高(残債といいます)と同額の融資で完済する方法です。

複数の借り入れが一本になることから、おまとめと表現されます。

2. 銀行と消費者金融では違いがある

  • 銀行系おまとめローンは除外貸付なので総量規制対象外
  • 消費者金融系のおまとめローンは例外貸付なので総量規制対象外

この項の結論はこうなります。

一見どこが違うのか?わかりにくいですが、これも総量規制との関係からくる違いです。

銀行系おまとめローン

銀行は、そもそも貸金業法で規制されないので(前出の除外貸付)、おまとめローンも自由設計が可能になっています。

たとえば借り換えしたあとで、条件が悪くなっても銀行は気にしません。

本人が納得すれば良く、借り換え前と借り換え後の比較もしません。

自由度が高い銀行系おまとめローン

借り換えできる借り入れについても、銀行系おまとめローンでは他の銀行借り入れ、クレジット、そして消費者金融の借り入れまでと幅広く、意外と何でもOKです。

たとえば個人間の借り入れも対象で、金利など明確に決まっていない親子間の借り入れも対象にしているほどです。

銀行系おまとめローンの例

銀行系おまとめローンは種類も多く、特徴もさまざまです。上記は高知銀行の例です。

公平を期すため、いくつか銀行とURLを添付しましたので、興味のある人は見てください。

*紹介したのはネットで上位にヒットした銀行などで、特定の銀行やローンを意図的に掲載したものではありません。

<銀行系おまとめローンの例>

消費者金融系おまとめローン

消費者金融系のおまとめローンは、貸金業者の貸付なので総量規制の対象になります。

しかし、貸金業法で定められた「顧客に一方的に有利になる借り換え」として、総量規制の「例外貸付」に該当します。

制限が多い消費者金融系

法律の要件を満たすため制限が多いのが、消費者金融系おまとめローンの特徴です。

こちらはおまとめローンを理解するのに重要なので、順序立ててわかりやすく説明していきます。

  • 銀行系おまとめローンは除外貸付なので総量規制対象外
  • 消費者金融系のおまとめローンは例外貸付なので総量規制対象外

ここは後半の説明にも関係しますので、覚えておいてください。

顧客に一方的に有利になる借り換えとは?

複数の借入れを一本化する、いわゆる「おまとめローン」は、法令が規定する一定の条件を満たせば、「顧客に一方的有利となる借換え」として総量規制の「例外貸付け」に該当し、貸金業者から年収の3分の1を超えて利用できる場合があります。
(中略)
総量規制の「例外貸付け」に該当する「借換え」であるための条件(一部・概要)
(1)借換えの対象となる債務は、貸金業者からの借入債務全般。
銀行からの借入債務や親族・知人などからの借入債務は対象になりません。
(2)「借換え後」の金利が、借り換え前の金利を上回らない。
(3)返済方法は、約定に基づく返済により段階的に残高を減らしていくことを要件と
する。
(4)1か月の負担額について、借換え後の負担額が、借り換え前の負担額を上回らない。
(5)担保・保証に係る要件について、借換え後の条件が、借換え前の条件より厳しくな
らない。

出典:日本貸金業協会/総量規制にかかわらずお借入れできる貸付の契約があります

こちらも日本貸金業協会からの引用です。条件について、もう少しやさしい表現をすると次の通りです。

  • 金融機関または貸金業者からの借り入れしか借り換え(おまとめ)できない。親族からの借り入れはダメ
  • おまとめローンの金利は、借り換えるローンの金利より高くなってはいけない
  • 残高が定期的に減っていく返済形式のみで、増額借り入れはできない
  • 毎月の返済は、借り換える前より負担が軽減されていなければダメ
  • 担保や保証人の追加などを求めてはダメ

総量規制のように利用者保護が目的

総量規制が借り過ぎ、貸し過ぎを規制するように、消費者金融系のおまとめローンも、返済が苦しい人の救済策として法律で定められたものです。

金利や返済条件は緩くして、担保や保証人を追加できないので「貸金業者には一方的に不利となる借り換え」とも言えます。

だからこそ顧客、つまりあなたにとっては「一方的に有利」なのです。

なお貸金業法で定められているので、消費者金融大手のホームページから探せます。

MEMO
公式ページやメインページにはなく、個別の商品ページや「おまとめ」と検索するとヒットするところが多いようです。あまり積極的には広告展開していないことが感じられます。
<消費者金融系おまとめローンの例>

消費者金融大手のおまとめローン(例外貸付に該当するローン)は以下のとおりです。

    • アコム:貸金業法にもとづく借り換え専用ローン
    • レイクALSA:貸金業法にもとづく完済応援プラン(借り換えプラン)
    • アイフル:貸金業法にもとづく計画返済支援おまとめローン「おまとめMAX」
    • プロミス:おまとめローン

まとめ~総量規制はあなたを守る仕組みです

総量規制は借り過ぎ、貸し過ぎを規制するものと説明してきました。

また、おまとめローンについても詳しく解説しました。

総量規制と「顧客に一方的有利となる借り換え」は顧客保護、つまりあなたを守る仕組みです。

ネット記事などでは、
「総量規制があるから自由に借り入れできない」
「総量規制に縛られずに、自由に借り入れができるローンはないの?」
といった内容を見かけることもあります。

ですが実際は総量規制があるからこそ、計画的に利用できるということを伝えたいです。