賃貸の更新料が支払えないと退去を迫られる?支払えないときの対処法を解説

賃貸の更新料は、2年ごとに家賃1カ月分~2カ月分が相場です。

通常の家賃と更新料を合わせると、負担が大きいと感じる方も多いでしょう。

賃貸の更新料が支払えないとどうなるのか、わかりやすく解説します。

更新料が支払えないときの対処法も解説するので、ぜひ参考にしてください。

賃貸の更新料が支払えないとどうなるのか

賃貸の更新料が支払えないときに起こる、3つのリスクは以下の通りです。

  • 電話や郵送物で催促されることがある
  • 賃貸契約の解除と退去を迫られる可能性がある
  • 少額訴訟になる可能性がある

それぞれ解説します。

電話や郵送物で催促されることがある

更新料を支払えないと、以下のような催促をされることがあります。

  • 催促の電話連絡が入る
  • 電話での催促に応じない場合、内容証明で請求の通知が届く

催促の時点で、更新料の延滞を解消すれば問題はありません。

賃貸契約の解除と退去を迫られる可能性がある

催促されても契約者が更新料を支払えない場合、賃貸契約を解除される可能性があります。

具体的には、更新料の未払い、契約解除、強制退去という順番になります。

貸主が賃貸契約を解除するには正当な理由が必要です。

正当な理由なしで賃貸契約の解除はできません。

しかし、更新料の未払いは契約解除の正当な理由に含まれます。

家賃を滞納している場合は、さらに強制退去のリスクが高まるでしょう。

少額訴訟になる可能性がある

更新料の未払いが続くと、少額訴訟になる可能性があります。

60万円以下の金額を請求できるのが少額訴訟です。

少額訴訟になると「更新料」と合わせて「法定利息」も請求されることがあります。

ただし少額訴訟を起こすには、印紙代などの費用を支払わないといけません。

弁護士に依頼すれば、弁護士費用も発生します。

少額訴訟を起こしても、かかった費用以上に回収できないと意味がありません。

そのため、双方の話し合いで解決を目指すこともあります。

賃貸の更新料が支払えないときの対処法

更新料の未払いで強制退去になった場合、新しい入居先を探さないといけません。

そのため、なるべく早めに更新料の支払いに応じたいところです。

更新料が支払えないときにできる、7つの対処法は以下の通りです。

  1. 貸主に相談して更新料の支払いを待ってもらう
  2. 家賃の値下げ交渉をする
  3. 買取店で品物を売って現金に換える
  4. 親族に更新料を貸してもらえないか相談する
  5. 生活福祉資金貸付制度から更新料を借りる
  6. クレジットカードでキャッシングする
  7. カードローンで借りる

それぞれ解説します。

①貸主に相談して更新料の支払いを待ってもらう

支払期日までに更新料を支払えない場合、貸主に相談すると待ってもらえることがあります。

貸主に相談するときは、現在の経済状況を伝えましょう。

ただし、必ず待ってもらえる保証はありません。

支払いを待ってくれても数日と考えておきましょう。

②家賃の値下げ交渉をする

更新時は、家賃の値下げ交渉のタイミングです。

更新料の値下げ交渉が難しい場合、家賃の値下げ交渉で更新料分を賄うと良いでしょう。

値下げ交渉がまとまりやすい物件は、以下の通りです。

  • 周辺の相場より家賃が高い
  • 築年数の経過で劣化が見られる

空室が出やすい閑散期も値下げ交渉のタイミングです(閑散期の目安は5月~8月頃)。

空室が出ると家賃収入が入らないので、多少の値下げなら応じてもらえることがあります。

具体的な値下げの目安は、家賃の5%程度だと思っておいてください。

賃貸物件の多くは、管理会社に業務を委託しているので、家主(大家)との接点がありません。

そのため、値下げ交渉で家主と気まずくなることもないでしょう。

③買取店で品物を売って現金に換える

買取店で品物を売るのは、家賃の値下げ交渉がまとまらないときに有効です。

買取店ならその場で現金払いであるため、更新料の支払期日が近いときにも使えます。

高額買取が期待できる品物は以下の通りです。

  • 高級ブランド品(グッチ/エルメス/ルイ・ヴィトン/シャネル/カルティエなど)
  • 高級腕時計(ロレックス/オメガ/タグホイヤー/グランドセイコーなど)
  • 金貨・銀貨(メイプルリーフ金貨/ソブリン金貨/メイプルリーフプラチナコインなど)

買取店によっては、無料でメール査定をしています。

来店する前にどのくらいの査定額がつくのか、知りたいときに便利なサービスです。

商品の写真を一緒に添付すると、メール査定の精度が高まります。

納得できる査定額が出たときは、来店すると良いでしょう。

④親族に更新料を貸してもらえないか相談する

現金に換えられる品物を持っていない方は、親族に更新料を貸してもらえないか相談しましょう。

両親に相談すれば、お金を貸してもらえる可能性が高いです。

更新料が支払えないことを正直に伝えましょう。

金銭トラブルにならないように、お金を貸してくれた親族には必ず返済してください。

⑤生活福祉資金貸付制度で更新料を借りる

お金を貸してくれる親族が見当たらない方は、生活福祉資金貸付制度によるサポートを検討すると良いでしょう。

生活福祉資金貸付制度で借りられる資金は、以下の通りです。

  • 総合支援資金(生活支援費・住宅入居費・一時生活再建費)
  • 福祉資金(福祉費・緊急小口資金)
  • 教育支援資金(教育支援費・就学支度費)
  • 不動産担保型生活資金(居住用の不動産を担保に生活資金を貸し付け)

総合支援資金の住宅入居費では、賃貸契約に必要な費用を借りられます。

住宅入居費の条件は以下の通りです。

借入額 40万円まで
連帯保証人なし 利子年1.5%
連帯保証人あり 利子なし

連帯保証人を用意すれば、利子なしで借りられます。

連帯保証人の用意が難しい方は、年1.5%の利子の負担が必要です。

生活福祉資金貸付制度を利用したい方は、市区町村の社会福祉協議会で相談しましょう。

⑥クレジットカードでキャッシングする

手元にあるクレジットカードに、キャッシング枠はありませんか?

キャッシング枠があれば、枠の範囲で現金を借りられます。

キャッシング枠がない場合は、カード会員用Webサービスから申し込むと良いでしょう。

キャッシングの返済方法は1回払い、またはリボ払いが一般的です。

1回払いだと厳しいときは、リボ払いを選ぶと良いでしょう。

キャッシングの利息は年15.0%~年18.0%が目安です。

リボ払いだと利息が増えやすいので、余裕があるときに繰上返済をすると良いでしょう。

⑦カードローンで借りる

クレジットカードを持っていない方は、カードローンで借りることも検討しましょう。

カードローンには、限度額の範囲で現金を借りられる仕組みがあります。

限度額が10万円の場合、すぐに10万円までの借り入れが可能です。

家賃1カ月分の更新料なら、カードローンで対応できる可能性があります。

カードローンの利息は大手消費者金融で最大年18.0%が目安です。

また、大手消費者金融では無利息サービスを提供しているところもあります。

大手消費者金融の無利息サービスの内容は、以下の通りです。

会社名 無利息期間
アコム 30日間(初回契約の翌日から)
アイフル 30日間(初回契約の翌日から)
プロミス 30日間(初回出金の翌日から)
レイクALSA 60日間/5万円まで180日間(初回契約の翌日から)

レイクALSAは、Web申し込み限定で60日間無利息で利用が可能です。

この場合は60日以内に完済できる方は、利息ゼロで借り入れができます。

無利息期間の終了後は、通常金利が適用されます。

UR賃貸住宅なら更新料なし

UR賃貸住宅は、独立行政法人「都市再生機構」が管理しています。

更新料を支払いたくない方は、更新料のないUR賃貸住宅を検討すると良いでしょう。

UR賃貸住宅は一般的な賃貸と比べて、初期費用を抑えることも可能です。

一般的な賃貸の主な初期費用は以下の通りです。

初期費用 相場
敷金(部屋の修繕費用に回すための預かり資金) 家賃1カ月~2カ月分
礼金(部屋を貸してくれたお礼として支払う) 家賃1カ月~2カ月分
仲介手数料(仲介した不動産会社に支払う) 原則家賃0.5カ月分

上記の初期費用だけでも、大きなお金が必要です。

さらに契約内容によっては、2年ごとに更新料(家賃1カ月~2カ月分)も支払わないといけません。

しかし、UR賃貸住宅なら初期費用を抑えられます。

一般的なUR賃貸住宅の初期費用は以下の通りです。

  • 家賃2カ月分の敷金
  • 日割り家賃
  • 日割り共益費

礼金仲介手数料、家賃保証会社への保証料(保証人なし)はかかりません。

火災保険料鍵交換費用クリーニング費用も不要です。

敷金は退去時に修繕費用を除いた分だけ戻ってきます(修繕費用が敷金を超える場合は、差額分を支払う)。

また、UR賃貸住宅からUR賃貸住宅への引っ越しなら、敷金は引き継ぎできます。

ただし、引っ越し業者に依頼するときは、引っ越し費用がかかりますので準備しておきましょう。

UR賃貸住宅のデメリット

UR賃貸住宅の2つのデメリットは以下の通りです。

  • 入居審査が厳しい
  • 抽選なしの先着順

それぞれ解説します。

入居審査が厳しい

UR賃貸住宅に申し込みする際に注意したいのが、厳しい入居審査です。

UR賃貸住宅の申し込み条件の1つに、基準月収額があります。

基準月収額は申込者や家賃によって変わります。

世帯で申し込みの場合は以下の通りです。

家賃 基準月収額
~82,500円 家賃の4倍
82,500円~20万円 33万円
20万円~ 40万円

単身で申し込みの場合は以下の通りです。

家賃 基準月収額
~62,500円 家賃の4倍
62,500円~20万円 25万円
20万円~ 40万円

家賃5万円の場合、4倍の月収20万円が必要になる計算です(世帯・単身の両方)。

首都圏の物件は、地方の物件よりも家賃が高い傾向があるので、かなりの高給が必要になるでしょう。

ただし、基準月収額に満たない状況でも、制度や特例によって申し込めることがあります。

月収が少ない方向けの制度や特例は、以下の通りです。

  • 家賃などの一時払い制度(家賃と共益費のまとめ払いで家賃などを割引)
  • 基準貯蓄額が家賃の100倍(家賃5万円の場合、基準貯蓄額は500万円)
  • 収入基準などの特例(平均月収額が基準月収額の2分の1以上/貯蓄額が基準貯蓄額の2分の1以上など)

詳しくは、UR賃貸住宅の申し込み案内のページを確認してください。

抽選なしの先着順

UR賃貸住宅では、多くの物件で抽選なしの先着順で入居が決まります。

条件の良い物件は、入居希望者による早い者勝ちとなるでしょう。

UR賃貸住宅の種類は以下通りです。

  • 団地
  • 超高層のタワーマンション

物件によっては、インターネットから申し込みが可能です。

UR賃貸住宅の公式ホームページで検索し、気になる物件が見つかったら早めに申し込むと良いでしょう。

部屋の内覧を希望する方は、先に仮申し込みをする必要があります。

まとめ

更新料を支払えない場合は、契約解除から退去を迫られる可能性があります。

少額訴訟を起こされるリスクもあるので、電話や郵送物で催促されたときは早めに応じたほうが良いでしょう。

更新料を支払えないときは、以下の対処法を参考にしてください。

  1. 貸主に相談して更新料の支払いを待ってもらう
  2. 家賃の値下げ交渉をする
  3. 買取店で品物を売って現金に換える
  4. 親族に更新料を貸してもらえないか相談する
  5. 生活福祉資金貸付制度から更新料分を借りる
  6. クレジットカードで更新料分をキャッシングする
  7. カードローンで更新料分を借りる

生活福祉資金貸付制度の場合、連帯保証人を用意すると利子なしで借りられます。

無利息サービスのあるカードローンなら、一定期間利息なしで借りることが可能です。

ただし、返済困難にならないように注意しましょう。