プロミスの審査はこれで安心!即日借り入れの流れを説明

プロミスのカードローンを利用するにあたり、以下のような疑問や不安を抱えている人は多いです。

  • 「プロミスで即日借り入れはできる?」
  • 「プロミスで即日借り入れしたいけど審査が不安」
  • 「プロミスで即日借り入れする流れを知りたい」

結論からいうと、プロミスで即日借り入れすることはできます。

しかし、即日借り入れまでの流れや審査のコツを把握しておかなければ即日の借り入れに間に合わない場合もあります。

そこで以下では、プロミスで即日借り入れするための方法と審査のポイントについて紹介します。

目次

プロミスで即日融資を受けるなら20時までに申し込みを完了させる

プロミスで即日融資を受けるためには20時までに申し込みを完了させる必要があります。

プロミスの審査時間は9時から21時までであり、その間に審査を完了させる必要があるからです。

またプロミスの審査は最短30分となっていますが、それ以上時間がかかる可能性もあります。

仮に審査が30分で完了したとしても、即日融資を受けるためには当日に契約まで完了させる必要があります。

プロミスの営業時間

項目 営業時間
お客様サービスプラザ(店頭受付窓口) 10時~18時(月~金)※土日祝日休業
インターネット 24時間対応
プロミスコール(電話受付窓口) 9時~21時(土日祝日を含む)※
自動契約機 9時~21時(土日祝日を含む)※

(※2020年10月5日から自動契約機とプロミスコールの営業時間は22時から21時に短縮されました。)

審査が終了してから契約に至るまで最低でも30分程度の時間がかかります。

審査および契約に1時間程度の時間がかかることを想定して、最低でも20時までに申し込みを完了させておきましょう。

プロミスで即日借り入れをするための申し込み方法と流れ

プロミスで即日借り入れをするにあたり、以下のいずれかの申し込み方法を検討してください。

  • WEB完結申し込み
  • 自動契約機
  • 三井住友銀行のローン契約機
  • プロミスコール
  • プロミスアプリローン
  • お客様サービスプラザ

それぞれ詳しく説明していきます。

WEB完結申し込みを利用した即日借り入れの流れ

  • WEB完結申し込み
  • 審査
  • WEB契約(カードレスで郵送物なし)
  • 即日借り入れ(振り込み)

プロミスはWEB完結申し込みを利用することで即日借り入れできます。

プロミスでは「WEB完結申し込み」の他に、以下5つの方法で申し込みが可能です。

  • 自動契約機
  • プロミスコール(電話)
  • アプリ
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 郵送

この中で最もスピードが早く即日融資に対応できるのがWEB完結申し込みです。

WEB完結申し込みはパソコンやスマホを使ってプロミスの公式サイトから申し込む方法です。

WEB完結申し込みであれば、プロミスからの郵送物もありません。

ローンカードも届かないため、カードレスで借り入れができます。

郵送でローンカードを申し込むと即日融資に間に合わないため、WEB完結申し込みではカードレスを選択しましょう。

なおWEB完結申し込みは24時間365日受付可能ですが、実際に審査されるのは9時~21時の間のみです。

21時以降の申し込みの場合、契約は翌日以降になるため注意しましょう。

また年齢をはじめとした個人情報や電話番号などの申し込み内容に不備があった場合は再審査となります。

かなりの手間となるので、正確な申告を心がけましょう。

自動契約機を利用した即日借り入れ

  • 自動契約機申し込み
  • 審査
  • 契約
  • カード発行
  • 即日借り入れ(ATM)

プロミスは自動契約機を利用した申し込みでも即日借り入れできます。

自動契約機からの申し込みは、一人だけ入れる個室になっていて外からは申込者の様子が見えないようになっています。

誰にも会わずにスムーズに申し込みを完了でき、原則契約完了後その場で借り入れ可能です。

自動契約機ではその場でローンカードが発行されます。

ローンカードがあれば、近くのATMでお金を借りることが可能です。

即日融資でローンカードを発行してほしい人は、WEB完結申し込みではなく自動契約機で契約を行うようにしましょう。

なお、「WEBで申し込みしたけれどローンカードは持っておきたい!」という人は、審査通過後の契約を自動契約機で行うことでローンカードの発行が可能です。

三井住友銀行のローン契約機を利用した即日借り入れ

  • WEB完結申し込みもしくはプロミスコール申し込み
  • 審査
  • 三井住友銀行のローン契約機で契約
  • 即日借り入れ(ATM)

プロミスは消費者金融系カードローンではなく、三井住友銀行グループが運営する銀行系カードローンです。

そのため三井住友銀行のローン契約機でもプロミスの契約ができます。

三井住友銀行のローン契約機契約機は三井住友銀行内に設置してあります。

そのため他人から見られても、プロミスの利用者であることを疑われる可能性は少ないです。

誰にもバレずに即日借り入れしたい人は、三井住友銀行のローン契約機を利用した即日借り入れを検討してみてください。

ただし、注意したいのが三井住友銀行のローン契約機ではプロミスの審査申し込みはできないということです。

あくまでローン契約機ですので、三井住友銀行で即日借り入れしたいならまずプロミスのWEB完結申し込みやプロミスコールで申し込みを完了させる必要があります。

プロミスコールを利用した即日借り入れ

  • プロミスコール申し込み
  • 審査
  • 自動契約機もしくはお客様サービスプラザ店頭窓口で契約
  • 即日借り入れ(ATM)

プロミスには、プロミスコールと呼ばれる申し込み対応が可能な電話窓口が用意されています。

WEB完結申し込みや自動契約機での審査申し込みは不安という人は、プロミスコール(0120-24-0365)で担当者と直接連絡を取りながら申し込みをするのが良いでしょう。

プロミスコールで即日借り入れするためには、電話申し込み後の契約を自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)でする必要があります。

郵送を選択した場合は即日借り入れができないので注意が必要です。

プロミスアプリローンを利用した即日借り入れ

  • アプリローン申し込み
  • 審査
  • アプリローン契約
  • セブン銀行・ローソン銀行ATMで即日借り入れ

プロミスには専用のアプリがあり、審査申し込みから借り入れまで一貫して行うことができます。

プロミスアプリを起動して、審査申し込みを行います。

審査から契約完了までは最短で1時間程度です。

またアプリローンはローンカードが発行されず、借り入れはカードレスでアプリを利用して行います。

セブン銀行ATMもしくはローソン銀行ATMから即日借り入れできます。

お客様サービスプラザを利用した即日借り入れ

  • お客様サービスプラザ店頭窓口で申し込み
  • 審査
  • 契約
  • 即日借り入れ(ATM)

プロミスではお客様サービスプラザ(店頭窓口)でも審査申し込みから契約・借り入れまで行うことができ、即日借り入れも可能です。

必要書類を持参の上、近くのお客様サービスプラザへ来店してください。

その場で審査の上、契約可能額が回答されます。

契約が完了したらローンカードが発行され、ローンカードを用いて全国のATMから借り入れできます。

プロミスで即日現金を受け取る方法

プロミスで即日現金を受け取るためには、これまで紹介した申し込み方法によって契約まで行う必要があります。

契約後、即日現金を受け取る方法は以下の通りです。

  • 瞬フリを利用した即日借り入れ
  • プロミスATMで即日借り入れ
  • 提携ATMで即日借り入れ
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)で即日借り入れ

瞬フリを利用した即日借り入れ

プロミスには瞬フリという即日借り入れの方法があります。

瞬フリは、最短10秒程度で指定の口座へお金を振り込んで借り入れする方法です。

スマートフォンやパソコンでプロミスのインターネット会員サービスにログインすることで利用できます。

瞬フリはプロミスの契約者でしたら利用可能ですが、金融機関によって振込実施時間が変わることがあります。

またアプリを持っていない人や、ローンカードを持っていない人が即日借り入れする際、利用する方法が異なるため注意が必要です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行

以上は主な金融機関ですが、他に約200もの金融機関が24時間365日、瞬フリに対応しています。

プロミスATMで即日借り入れ

発行されたローンカードを利用して全国のプロミスATMから借り入れが可能です。

提携ATMで即日借り入れ

発行されたローンカードを利用して全国の提携ATMから借り入れが可能です。

なお、三井住友銀行ATMであれば手数料がかかりませんが、それ以外の金融機関ATMでは手数料がかかります。

提携ATM手数料

取引額 借入時 返済時
1万円以下 110円 110円
1万円超え 220円 220円

お客様サービスプラザ(店頭窓口)で即日借り入れ

お客様サービスプラザでもお金借りることができます。

お客様サービスプラザは、平日10時~18時の間対応可能です。

プロミスで即日借り入れするために審査で行うべき取り組み

プロミスで即日借り入れするためには、以下のような取り組みでスムーズに審査が進むようにすることが大切です。

  • 申し込みは午前中に済ます
  • 必要書類はあらかじめ準備する
  • 在籍確認の電話に出る
  • 借入金額を低めに設定する

これらのポイントをしっかり押さえておくことで、即日借り入れできる可能性が上がります。

申し込みは午前中に済ます

即日借り入れするためには、申し込みを午前中のうちに済ませておきましょう。

プロミスにも繁忙期があり、申し込みが重なると審査に時間がかかり即日で審査が完了しない場合もあるためです。

午前中に申し込みが完了すれば、ほとんどのケースで即日融資を受けられます。

必要書類はあらかじめ準備する

プロミスの審査では、以下2点の書類の提出を求められます。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

運転免許証が最も簡単に用意できる本人確認書類ですが、持っていない人はパスポートなどでも対応可能です。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証+公共料金の領収書

本人確認書類の住所が現住所と異なる場合

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

いずれも現住所が記載されていて、発行日から6ヵ月以内のものを用意しましょう。

また、以下に該当する人は収入証明書類の提出が求められるので、本人確認書類と共に用意する必要があります。

・希望の借入額が50万円を超える場合
・希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

収入証明書類は以下のいずれかを用意しましょう。

収入証明書類

  • 源泉徴収票(最新のもの)※給与所得者など
  • 確定申告書(最新のもの)※個人事業主など
  • 税額決定通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2カ月分)+賞与明細書(直近1年分)
  • 賞与明細書が手元にない場合は、直近2カ月分の給与明細書の用意が必要

在籍確認の電話に出る

プロミスで借り入れする場合は、職場への在籍確認が必ず行われます。

基本的には職場への電話連絡により行われますが、電話は必ずしも本人が出なければならないというわけではありません。

あくまで在籍していることの確認がとれれば大丈夫です。

またプロミスからの電話は、担当者の個人名でかけてきます。

よって借り入れが職場の人にバレる可能性は低いので安心しましょう。

在籍確認の例:本人が出た場合

プロミス担当者:もしもし、私○○(個人名)と申しますが、□□様はいらっしゃいますか?

本人:はい、□□は私ですが。

プロミス担当者:ありがとうございます。私プロミスの○○と申します。本人確認のため生年月日をお聞きしてよろしいでしょうか?
—-ありがとうございます。これで確認とさせていただきます。

在籍確認の例:職場の人が出た場合

プロミス担当者:もしもし、私○○(個人名)と申しますが、□□様はいらっしゃいますか?

職場の人:すみません、□□はただいま席を外しております。

プロミス担当者:わかりました。また後で直接ご本人様に連絡します。

申込者本人が出られなかった場合でも、「席を外している」「休んでいる」とわかれば、実際在籍していると判断できるため確認作業が終了します。

希望する借入限度額を低めに設定する

プロミスで即日借り入れするためには、希望する借入限度額を低めに設定してください。

少額融資であれば以下のような利点があり、審査時間を短縮できる可能性があります。

  • 収入証明書類の提出が不要
  • 土日で在籍確認ができなくても借り入れできる可能性がある
  • 総量規制を気にしなくて良い

「とりあえず数万円だけ」という人は、10万円以下の少額申し込みで即日借り入れできる可能性が上がります。

利用限度額が少なく追加で借り入れを増やしたい場合は、プロミスであれば後日増額審査もできるので心配ありません。

プロミスは土日も即日融資が可能

プロミスであれば土日も即日融資が可能です。

  • WEB完結申し込み
  • 自動契約機
  • プロミスコール

以上の申し込み方法であれば、土日祝日も対応しています。

即日借り入れを希望している場合は「WEB完結申し込み」「自動契約機」「プロミスコール」のいずれかから申し込みしましょう。

なお、お客様サービスプラザ(店頭窓口)は土日祝日は営業していないため注意してください。

在籍確認がとれない可能性がある

土日祝日の場合は、勤め先の会社が休みの場合など在籍確認がとれない可能性があります。

プロミスは原則在籍確認が必要ですが、確認がとれなくても即日借り入れができる場合もあります。

土日祝日で在籍確認ができない場合は10万円以下の小口融資であれば、翌営業日に在籍確認を行う前提で即日契約、借り入れができるというわけです。

プロミスの審査に落ちる人の特徴

プロミスの審査に落ちる人には、ある共通の特徴があります。

  • 申し込み基準に合致していない
  • 個人信用情報に傷がついている
  • 他社借入が5件以上ある
  • 総量規制以上の借り入れ
  • 在籍確認がとれない
  • 申し込みブラック

以上のいずれかに当てはまる場合はプロミスの審査に落ちてしまいます。

申し込み基準に合致していない

そもそもプロミスの申し込み基準に合致していない場合は審査に通りません。

プロミスの申し込み基準は、20歳~69歳の本人に安定した収入がある人。

そのため、20歳未満の未成年や、安定した収入のない無職の人などはプロミスの審査に通りません。

安定した収入の目安としては、少なくとも月5万円程度収入が必要です。

個人信用情報に傷がある

プロミスの審査に申し込みすると必ず信用情報機関へ照会をかけられます。

個人信用情報に傷がある場合(ブラックの場合)は、返済能力がないと判断され審査に落ちてしまいます。

信用情報に傷として見られる情報は、以下のような金融事故情報です。

  • 延滞
  • 債務整理
  • 強制解約

これらの情報は一度登録されると、保持期間が満了するまで消すことができません。

つまり、金融事故情報が登録されている期間はいくら申し込みをしても審査に通ることはないというわけです。

信用情報の登録期間

信用情報掲載条件 CIC JICC KSC
61日以上の延滞 5年 5年 5年
債務整理(任意整理・個人再生・特定調停) 5年 5年 5年
代位弁済 5年 5年
強制解約 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年

他社借入が5件以上ある

個人信用情報では延滞や債務整理の記録だけでなく、他の消費者金融会社や銀行カードローンの借り入れ内容を調べることができます。

一般的に他社借入が5件以上ある場合は、審査に通る可能性がほとんどありません。

借り入れ先が多い分返済額が大きくなり、新たに借り入れをしても返せるだけの返済能力がないと判断されるためです。

自己資金で借り入れ先を減らすか、おまとめローンなどで消費者金融カードローンなどの借り入れを減らしておくのが良いでしょう。

総量規制以上の借り入れ

総量規制以上の借り入れを希望しても、審査に通りません。

プロミスも貸金業者であり総量規制の対象なので、お金を借りる場合は注意しましょう。

総量規制とは?

総量規制とは、貸金業法で定められた消費者金融業者、カードローン会社、キャッシングを行うクレジット会社を規制する法律。

「個人の借入総額は年収の3分の1以下に設定しなければならない」という貸金業法にある規制のことです。

なお、住宅ローンや銀行カードローン、自営者カードローン(事業資金カードローン)などは総量規制の対象外となっています。

在籍確認がとれない

そもそも働いていないのに勤務先を偽って申し込んだり、在籍確認がとれなかったりする場合は審査に通る可能性が低いです。

また、プロミスに実害が出るケースなど悪質な場合には損害賠償請求を求められる可能性もあります。

会社自体が休みで在籍確認がとれないとわかっている場合は、先にプロミスにその旨を伝えておくと間違いが起こらないのでおすすめです。

申し込みブラック

申し込みブラックの場合も審査に通りません。

申し込みブラックとは、短期間に複数社に申し込みをしている状況を指します。

「短期間に複数社に申し込みを行う=お金に困っている人」と認識され、返済能力がないと判断されてしまうわけです。

なお、申し込み情報は登録された日から半年間は消えないため、複数社への申し込みする際には注意が必要です。

申し込みブラックにならないためにも、原則一社ずつ申し込みをしましょう。

プロミスの審査が長引く理由

即日借り入れが可能なプロミスでも審査が長引く可能性があります。

プロミスの審査が長引く理由は、主に以下の2点です。

  • 混雑時に申し込みをしている
  • プロミスからのメールが迷惑フォルダに入っている

混雑時に申し込みしている

プロミスを含めた大手消費者金融はスピード審査を売りにしていますが、繁忙期には30分では審査を完了することができません。

カードローンの申し込みが多い月は3月や5月、9月といわれています(いずれもボーナス前)。

これらの月は審査から借り入れまで時間がかかり、即日借り入れができない場合もあります。

プロミスからのメールが迷惑フォルダに入っている

プロミスの審査結果メールが迷惑フォルダに入ってしまい、審査が完了しているのに気付かなかったというケースも考えられます。

申し込みした後は、少なくとも何かしらの連絡があるまで迷惑フォルダを含めたメールボックスをこまめにチェックしましょう。

まとめ

  • プロミスで即日借り入れする申し込み方法は「WEB完結申し込み」「自動契約機」「プロミスコール」「お客様サービスプラザ」「アプリローン」
  • プロミスで即日借り入れする場合「申込時間」「必要書類」「在籍確認」「借入金額」に注意する
  • 審査に落ちる人は「個人信用情報」「他社借入」「総量規制」に問題がある

プロミスで即日借り入れを検討している人は、申し込みの段階から即日借り入れを意識しておく必要があります。

とくに審査申し込みをスムーズ完了させることが、審査・契約まで早く終わらせるコツです。

最初は必要書類が1つで済むような、少額での融資の申し込みを検討してください。

もし審査に少しでも不安がある人は、自分の借入状況を今一度確認してみましょう。

個人信用情報の開示請求を行えば、信用情報の確認ができますし、他社借入を把握することで審査に通るか判断もしやすいです。

総量規制の観点からも、自身の正確な借入状況の把握は必須です。

また今回プロミスで借り入れしようと考えている人は、しっかりとした無理のない返済計画を立て、最終的には完済できる計画的な借り入れを行いましょう。