審査なしのカードローンは存在しない!審査が不安な方の必読書

  • 「即日借り入れしたいから審査にかかる時間がもったいない」
  • 「審査で家族や友人にバレることが怖い」

このような思いから審査なしのカードローンを探している人は多いです。

結論から申しますと、審査なしのカードローンは存在しません

なぜならカードローンで融資を受ける際には、利用者に返済能力があるかどうかを審査する必要があるからです。

しかし、審査に通る確率を上げる方法や、審査にかかる手間や時間を少なくする方法は存在します。

審査がないカードローンが存在しない理由や、カードローンの審査のコツを解説しているので、参考にしていただけると幸いです。

審査なしのカードローンは存在しない

冒頭でも述べましたが、審査なしのカードローンは存在しません。

金融業者は融資にあたり、申込者の返済能力の有無や融資金額の妥当性を審査することが法律で義務付けられています。

金融業者選びには注意

「審査なしで誰でも借り入れ可能!」
「自己破産でも融資が可能」
「ブラックOK」

上記のような甘い言葉で誘ってくる金融業者は、正規の金融業者ではない「闇金」の可能性が高いです。

闇金を利用してしまうと最後、違法な利子を要求されたり、家族や会社が嫌がらせを受けたりする恐れがあるため、決して利用してはいけません。

審査に時間と手間がかからないカードローンは存在する

重要なことなので何度も繰り返しますが、審査なしのカードローンは存在しません。

しかし、審査が簡単なカードローンは存在します

ここでは「審査が簡単なカードローン」を、下記の条件を満たすカードローンだと定義しました。

  • どこにいても申し込みが可能
  • 土日でも申し込みから契約まで可能
  • 最短で即日融資が可能
  • 提出書類が少ない

大手消費者金融のプロミスやアコムがこれに該当します。

どこにいても申し込みが可能

プロミスやアコムが行っているWeb完結申し込みとは、Web上で申し込みから契約、借り入れまで行えるサービスのことです。

「店舗や自動契約機に行くのが嫌なので、家にいながら申し込みしたい」
「ATMに行くのが面倒なので振り込みでお金を借りたい」

このような要望がある方にとっては嬉しいサービスです。

書類の提出は、スマホの写真をアップロードするだけです。

ローンカードや利用明細が自宅に届かないように設定できますので、身内にバレずに借り入れができるのもメリットでしょう。

土日でも申し込みから契約まで可能

銀行や消費者金融は、一般的に土日の営業は行っていません。

審査なしのカードローンを探している方の中には、土日に急な出費が重なり、困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大手消費者金融のプロミスやアコムであれば、土日でも申し込みから契約まで終わらせることができます。

土日の申し込みに対応している方法は以下の2つです。

  • Web完結申し込み
  • 自動契約機申し込み

郵送での申し込みだと即日で対応してもらえないので、気を付けてください。

最短で即日融資が可能

審査なしのカードローンを探している方の中には、今すぐにお金が必要で、審査する時間がもったいないと思っている方もいるでしょう。

実は大手消費者金融のカードローンであれば審査が最短30分で終了します。

最短即日で融資を受けることも可能です。

たとえば、プロミスであれば当日の20時までの申し込みで即日融資を受けられる可能性があります。

【プロミスの営業時間】

項目 営業時間
お客様サービスプラザ(店頭受付窓口) 10時~18時(月~金)※土日祝日休業
インターネット 24時間対応
プロミスコール(電話受付窓口) 9時~22時(土日祝日を含む)
自動契約機 9時~22時(土日祝日を含む)

表をみればわかるように、プロミスコールと自動契約機であれば22時まで営業しています。

ただ、プロミスの審査部署が稼働しているのは21時までです。

審査時間は最短30分ですが、余裕を持って1時間前の20時までに申し込んでおくのがおすすめです。

提出書類が少ない

カードローンの申し込みで必要な書類は、原則として運転免許証などの本人確認書類だけです。一定の条件を満たせば収入証明書の提出が不要になります。

また、所得証明や納税証明、住民票など、他の書類の提出を求められることもありません。

市町村役場や会社に書類を取りに行く手間がかからないため、簡単に契約が出来ます。

収入証明書の提出なしでカードローンを契約するには

収入証明書なしでカードローンを契約するためには一定の条件を満たしている必要があります。

  • 借入希望額が50万円以下
  • 他社借り入れを含めた借入総額が100万円以下

上記以外の場合は収入証明書の提出を求められるため、注意が必要です。

借入希望額を50万円以下にする

収入証明書の提出なしで借り入れするためには、借入希望額を50万円以下にする必要があります。

収入証明書の提出に煩わしさを感じている方は、借入希望額を50万円以下におさえて申し込みましょう。

ちなみにカードローンの契約では、後日限度額を増額することが可能です。

たくさん借りたい方は、とりあえず少額で契約しておいて、後から増額を申し込むのがいいでしょう。

他社借り入れを含めた借入総額が100万円以下にする

収入証明書が提出不要になる条件として、今回申し込む借入希望額と、現在の他社利用可能枠を含めた借入総額が、100万円以下になっている必要があります。

たとえば、現在他社借り入れが2社合計で80万円あり、今回新たに40万円申し込む場合は、合計で120万円になるため収入証明書の提出が必要になります。

A社(今回申し込み) B社 C社
利用限度額 40万円 30万円 50万円
収入証明書 提出が必要

今回の借入希望額を20万円におさえれば、借入総額が100万円以下になるので収入証明書の提出が不要になります。

A社(今回申し込み) B社 C社
利用限度額 20万円 30万円 50万円
収入証明書 提出が不要

ちなみに、利用限度額とは利用枠のことで、もし借り入れをしていなかったとしても枠があれば「借り入れがある」とみなされてしまうので気を付けてください。

今すぐにお金を借りたい方は、収入証明書の提出が不要になるように申込金額をコントロールして審査に申し込んでください。

銀行カードローンでは、申込金額に関わらず収入証明書が不要な場合がある

銀行カードローンでは収入証明書の提出が不要な場合もあります。

  • 借入希望額が50万円以下
  • 他社借り入れを含めた借入総額が100万円以下

上記の収入証明書の提出条件は貸金業法に定められている規則なので、銀行には適応されません。

「収入証明書が手元にないけど、50万円以上借り入れしたい」という方は、銀行カードローンに申し込んでみるのも1つの手です。

ただ銀行は、過剰融資が問題となった2017年以降、各銀行独自のルールで収入証明書の提出を求めるようになってきています。

「銀行に申し込めば、収入証明書の提出が必ずしも不要になるわけではない」ということは念頭に置いておいてください。

「審査なしのカードローン」と検索している方の審査に対する不安を解消

カードローンの審査に対する不安から「審査なしのカードローン」と検索している方も多いでしょう。

具体的には、下記のような不安や要望を抱えているのではないでしょうか。

  • 在籍確認が不安
  • 家族にバレたくない
  • 収入が少ない
  • 他社借り入れが多い

しかし、上記の問題はきちんとした対策をすることで解消できる場合があります。

在籍確認が不安な方へ

まず前提として、勤務先に在籍確認の電話がかかってきたとしても、電話の内容からカードローンを利用しようとしていることがバレることはありません

在籍確認の電話は個人名でかかってきます。「○○金融の○○です。」となることはないので、安心してください。

また、在籍確認は申込者が電話に出なくても、勤務先に在籍していることの確認さえ取れれば問題なく終了します。

本人不在時の在籍確認

担当者:もしもし、私〇〇(個人名)と申しますが、▢▢様はいらっしゃいますか?

同僚:申し訳ございません。今▢▢は席を外しております。

担当者:わかりました。それではのちほど直接▢▢様に連絡差し上げます。

これだけで在籍確認完了です。

もし電話の内容についてしつこく聞かれた場合は、「知り合いにクレジットカードの加入を頼まれて、在籍確認の電話がかかってきた」と説明してください。それ以上同僚が不審がることはないでしょう。

なお、大手消費者金融のアイフルやSMBCモビットに申し込めば、電話での在籍確認のないケースもあります。

「電話自体かかってくることがない会社だから怪しまれる」
「会社に人がいる時間が少ない」

このような事情がある方は、アイフルやSMBCモビットに申し込んで、オペレーターに相談してください。

家族にバレたくない方へ

大手消費者金融であれば、自宅に郵送物が届かないようにカードローンを利用できます。

  • 利用明細
    →Web明細を利用すれば自宅に届くことはない
  • ローンカード
    →振り込み融資を利用すれば、ローンカードが送られてくることはない

ただし、金融機関によっては「ローンカードの発行は必須」というところもあるので、事前に確認しておきましょう。

収入が少ない方へ

カードローンの審査で重要視されるのは「収入の多さ」よりも「収入の安定性」です。

たとえ月10万円の収入でも、毎月継続してお給料をもらっていれば審査に通る可能性があります。

また勤務先からもらっているお給料以外にも、以下の所得は収入として合算して申告できます。

  • クラウドワークスやランサーズなどの副業所得
  • アフィリエイトなどの副業所得
  • 不動産所得

合算できるものは合算して、カードローンの審査に申し込みましょう。

他社借り入れが多い方へ

他社借入件数を減らすことが重要です。

そのためには、以下の方法が考えられます。

  • 自己資金で借入金額が少ないカードローンを完済する
  • おまとめローンで借り入れ先を減らす

自己資金で返済するのが難しい方は、おまとめローンで借り入れ先を減らすことも検討してください。

借入金額が同じでも借り入れ先の数が減れば、審査担当者の心象も変わってきます。

まとめ

審査なしのカードローンはありません。しかし「審査ありのカードローン」でも、あなたの希望が叶う可能性があります。

  • 来店せずに借り入れしたい
  • 土日にお金を借りたい
  • 今日中にお金が必要
  • 提出書類を極力少なくしたい
  • 勤務先に内緒で融資を受けたい
  • 家族にバレずにこっそりお金を借りたい

このような要望を持っているなら、アドバイスを参考にしてください。