三菱UFJ銀行カードローンで審査落ちする人の特徴6つ!審査のコツも紹介

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は低金利で、年収200万円未満のアルバイトの方でも申し込めると人気です。

三大メガバンクのカードローンなので、安心感のある点も魅力のひとつです。

しかし、いざ申し込みとなると、審査に通過できるか不安になる方もいるのではないでしょうか。

バンクイックは、アルバイトやパートの方でも、安定した収入さえあれば申し込みができます。

さらに、審査で見られるポイントや審査通過のコツを知っておけば、融資の可能性を高めることができます。

三菱UFJ銀行カードローンの審査のポイントから、審査落ちする方の特徴、また審査のコツまで詳しく解説します。

目次

三菱UFJ銀行カードローンの基本情報

「バンクイック」は、日本の三大メガバンクのひとつである三菱UFJ銀行が運営する商品で、高い信頼感とブランド力を誇ります。

バンクイックの金利や借入限度額といった基本情報は下表の通りです。

金利 年1.8%~年14.6%
借入限度額 500万円まで
審査結果 最短翌営業日
Web完結取り引き 不可

銀行カードローンでお金を借りるメリットは、金利の低さにあります。大手消費者金融の金利は3.0%~18.0%の間のものが多く、それに比べてバンクイックの金利は年1.8%~年14.6%とかなり低くなっています。

消費者金融カードローン 金利
プロミス 年4.5%~年17.8%
アイフル 年3.0%~年18.0%
SMBCモビット 年3.0%~年18.0%

もうひとつ、銀行カードローンでお金を借りるメリットがあります。契約のために三菱UFJ銀行のテレビ窓口に行くのを誰かに見られたとしても、カードローンの申し込みのためだとはわかりません。

絶対に借金がバレたくないという方は、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

三菱UFJ銀行カードローンの申し込み条件

三菱UFJ銀行カードローンの申し込み条件は以下の4つです。

  • 満20歳~64歳の方
  • 日本に居住している(外国人の場合、永住許可を受けている)方
  • アコム株式会社の保証を受けられる方
  • 安定した収入がある方

これらは絶対条件なので、自分がクリアしているかどうかチェックしてから申し込みましょう。この条件の中で「アコムの保証」と、「安定した収入」について、さらに詳しく解説します。

保証会社であるアコムの審査に通過する必要がある

三菱UFJ銀行カードローンの審査は、保証会社であるアコムが代行しています。保証会社は、銀行から保証料をもらって審査と代位弁済を行います。これは、銀行カードローンでは珍しいことではありません。

MEMO

代位弁済とは

カードローン利用者が万一、返済できなくなった場合に、借金の残高を銀行に建て替えることです。

銀行は、アコムなど個人向け融資の実績がある会社に審査を代行してもらうことで、迅速な審査と融資を実現しています。

三菱UFJ銀行の他にも、三井住友銀行カードローンはプロミスが、みずほ銀行カードローンはオリコが保証会社として審査を代行しています。

保証会社の審査に通過して保証を受けることが、バンクイックの審査において最も重要なポイントです。

なので、過去にアコムや、アコムが保証する金融会社との間で返済トラブルがあった場合には、審査通過が困難となります。身に覚えがないかチェックしましょう。

また、アコムの審査では信用情報機関CICの情報から、金融機関への1カ月ごとの支払い状況が2年分チェックされます。

その中で、利用先を問わず以下の未払い履歴が残っていると、審査通過が難しくなります。こちらもあわせてチェックしましょう。

  • 1カ月以上の延滞
  • 短期間・複数回の延滞
MEMO

個人信用情報とは

個人の金融機関との取引情報のことです。返済が遅れた場合など金融トラブルがあると、一定期間信用情報に記録が残ってしまいます。個人信用情報機関とは個人の金融機関との取引情報を集めて、一定期間保管する機関のことです。日本の個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCの3つがあります。

毎月安定した収入があればパートやアルバイトでも審査通過の可能性あり

申し込み条件のひとつである「安定した収入」とは、毎月収入があるだけではなく、金額が安定していることも必要です。

たとえば、毎月収入があっても「先月は15万円もらえたけど、今月は3万円だった」という場合は、審査にとってマイナスになります。

日雇いや短期アルバイトでは安定した収入を得ていると判断してもらえません。

収入は多い方が望ましいですが、たとえば「短期アルバイトで15万円稼ぐ」より、「長期アルバイトで毎月必ず10万円稼ぐ」方が高い評価を得られます。

ですので、長期アルバイトやパートで収入は多くなくても、毎月安定した収入を得ているなら、審査に通過する可能性は十分にあるといえます。

三菱UFJ銀行カードローンの3つの申し込み方法と必要書類

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の主な申し込み方法は、ネット・テレビ窓口・電話の3種類です。申し込み方法ごとの受付時間や流れは下の表の通りです。

申し込み方法 ネット テレビ窓口 電話
受付時間 0時~24時
(原則24時間受け付け)
平日9時~20時
土・祝10時~18時
日10時~17時
平日9時~20時
土日祝9時~17時
流れ 申し込み

書類提出・審査

審査回答・契約

カード受け取り
申し込み・書類提出

審査

審査回答

契約カード受け取り
申し込み

書類提出・審査

審査回答

契約

カード受け取り

勤務先への在籍確認は、審査通過の目処が立った時点で行われます。

バンクイックの審査では、銀行が必要と判断した場合のみ在籍確認が行われることになっていますが、ほとんどのケースで在籍確認を行っています。

ですので、申し込み後は職場に在籍確認の電話がかかってくると思っておきましょう。

また、審査結果については、テレビ窓口と電話申し込みの場合は電話で、ネット申し込みならメールで伝えられます。

ただ、ネット申し込みの場合でも申し込み内容に入力ミスがあったり、確認が入ったりする場合は電話がかかってくることがあります。

申し込み後は、いつでもすぐに電話に出られるようにしておきましょう。

短時間でスムーズに申し込みができるのはテレビ窓口

審査をスピーディーに終わらせたいなら、三菱UFJ銀行内の無人店舗のテレビ電話窓口で申し込むのがおすすめです。

テレビ電話窓口なら、わからないことがあってもすぐにテレビ電話で担当者に質問できるのが魅力です。

Web申し込みの場合、担当者に電話がつながるまで時間がかかることがあります。

また、カードや契約書類もテレビ窓口で受け取れるので郵送物もありません。

カードの発行と融資は、審査回答の翌営業日以降となります。最短で申し込みの翌日にカードを受け取って、店内のATMですぐに融資を受けることができます。

申し込む前に準備するべき必要書類

三菱UFJ銀行カードローンの申し込みに必要な書類は、以下の本人確認書類です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

なかでも、運転免許証は信用力が高いので審査がスムーズに進みます。持っている方は、ぜひ優先的に提出しましょう。

さらに50万円を超える利用限度額を希望する場合は、以下の収入証明書も必須になります。

50万円以下の申し込みでも収入証明書の提出を求められることがあるので、申し込む前に準備しておくと安心です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の場合)
  • 確定申告書第1表・第2表

ネット申し込みや電話申し込みの場合、マイナンバーカードや運転免許証などの本人確認書類や、収入証明書について「WEBアップロード」で提出ができて便利です。

三菱UFJ銀行カードローンの審査は厳しくない!審査落ちする方の特徴6つ

銀行カードローンと聞くと、審査が厳しく敷居が高いというイメージの方もいるかもしれません。しかし、三菱UFJ銀行カードローンは、数ある銀行カードローンのなかでもとくに審査が厳しいというわけではありません。

収入と借り入れのバランスが取れていて、個人信用情報などに問題がなければ、審査通過の可能性が高いカードローンです。

とはいえ、なかには審査落ちしてしまう方もいます。審査落ちしてしまう方の特徴を紹介しますので、ぜひチェックしてから申し込みましょう。

収入と借入申込額のバランスが悪い

銀行カードローンは、消費者金融カードローンとは異なり、総量規制の対象外です。

MEMO

総量規制とは

貸金業者は、申込者の年収の3分の1を超える金額を貸し出してはならないという貸金業法の決まりです。

法律上は年収の3分の1を超える金額を貸しても問題はありません。ただ、近年は銀行も自主規制という形で年収に対する借入額の制限を行うようになりました。

ですので、収入に対して借入希望額が多すぎると、審査にマイナスの影響を与えてしまいます。

三菱UFJ銀行カードローンの審査基準は非公表ですが、総量規制の水準である「年収の3分の1」以内の借入希望額であれば審査に問題はありません。

ただし、現時点での他社からの借入額も含めて3分の1以内に収まることが必要です。借入希望額の計算の際には注意しましょう。

他社の借入件数が多い

バンクイックでは、他社からの借り入れが2件~3件あると、審査に通過することが難しくなります。さらに4件以上となれば、審査通過はできないと考えておきましょう。

他社からの借り入れとは、消費者金融からの借り入れのほか、クレジットカードや信販会社からの借り入れも含まれます。

借入件数が多い場合、多重債務とみなされ、貸し倒れのリスクが高いと判断されるため、審査通過が難しくなるのです。

さらに銀行カードローンでは、年収に対する他社への返済総額の割合(返済負担率という)も踏まえて審査をします。

たとえば、年収500万円で年間返済額が100万円の場合、返済負担率は20%となります。

年収300万円以下の方で返済負担率30%以上、それ以上の年収の場合は35%~40%以上で審査に落ちてしまうと考えておくとよいでしょう。

他社の借り入れがある方は、件数の確認だけでなく返済負担率も計算しておきましょう。

個人信用情報に問題がある

三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまう方の多くが、過去に長期延滞を起こしたなど、個人信用情報に問題がある方です。

過去に他社を含めて返済トラブルがあると、情報が残っている間はカードローンの審査通過がかなり困難になります。金融トラブルごとの情報保管機関は以下の通りです。

金融事故の内容 CIC JICC KSC
61日以上の延滞 5年 1年 5年
3カ月以上の延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

逆に、このような金融トラブルの記録がなければ、金融機関と問題なく取引してきたと判断されて審査にプラスになります。不安な方は、自分の信用情報に傷がついていないか、ぜひチェックしてください。

申し込みの際に嘘の申告をした

申し込みの際に、年収や他社借入額などで嘘の申告をした場合、審査通過はできません。嘘をついても、審査では信用情報を確認するためすぐにバレてしまいます。絶対に嘘はつかないようにしましょう。

なお、簡単な入力ミスなら問題ありませんが、他社からの借り入れをうっかり忘れていたという場合は「借り入れがあることを隠している」と捉えられかねません。

テレビ窓口や電話申し込みの場合、担当者が確認しながら進めてくれますが、ネット申し込みの場合は自分で入力した内容のまま審査されてしまいます。

ネット申し込みの場合は、とくに入力漏れやミスがないように注意して申し込みましょう。

勤務先への在籍確認がとれない

何かしらの理由で在籍確認ができない場合、審査に落ちてしまう可能性があります。

たとえば、申告した勤務先の電話番号が繋がらなかった(存在しない番号だった)場合や、電話応対で「先月退職しました。」など、在籍確認時点で会社に勤めていないことが判明した場合は、その時点でアウトです。

大手消費者金融のなかには、電話に代わって書類で在籍確認を行ってくれる会社もありますが、三菱UFJ銀行ではそのような対応は認められません。

在籍確認は必ず電話で行われるので、何か不安なことがあれば事前に電話で担当者に伝えましょう。

よくない属性が複数重なっている

属性とは、勤続年数や雇用形態、給与など返済能力に関するステータスのことです。

バンクイックは、アルバイトやパートといった非正規雇用の方でも利用可能なので、マイナスの属性がひとつあるからといってすぐに審査に落ちるわけではありません。

ただ、マイナスの属性が複数重なっている場合は、返済能力が低いと評価されて審査落ちする可能性があります。

審査にマイナスとなる属性をまとめたので、ぜひ自分でチェックしてください。

  • 勤続年数1年未満
  • 非正規雇用(派遣社員・契約社員・パート・アルバイト)
  • 自営業者、個人事業主
  • 農業、漁業従事者
  • 学生
  • 専業主婦(主夫)
  • 年収100万円未満
  • 20代前半、60代など制限された年齢に近い
  • 給与形態が固定給ではない(歩合制などはマイナス)

たとえば、20歳の学生アルバイトで、年収が40万円程度だと審査落ちする可能性が高くなります。また、必ず審査に落ちてしまう属性は以下の3つです。

  • 無職、無収入
  • 年齢制限に引っかかる
  • 反社会的組織に所属している

マイナスの属性が複数あって審査が不安という方は、消費者金融カードローンを検討しましょう。銀行カードローンよりも柔軟に審査してもらうことが可能です。

三菱UFJ銀行カードローンの審査をスムーズに進めるための3つのコツ

三菱UFJ銀行カードローンの審査にはコツがあり、知っていれば審査をよりスムーズに進めることが可能です。ぜひチェックしてから審査に望んでください。

三菱UFJ銀行の口座を保有している方は「口座あり」で申し込む

バンクイックは、三菱UFJ銀行の普通預金口座を保有していなくても申し込み可能です。ただ、口座を持っている方に比べて、申込時の入力項目が多くなるので、時間がかかってしまいます。

申し込みや審査を早く終わらせたいなら、ぜひ三菱UFJ銀行の口座を用意しておきましょう。

口座を保有して、申込時に「口座あり」の申し込み方法を選択すれば入力項目も少なく、およそ5分で申し込みが完了します。

また、口座を持っていると、カードの到着を待たずに保有口座に直接お金を振り込んでもらえるというメリットがあります。融資を急いでいる場合、口座を持っていれば申し込みから最短翌営業日に借り入れができます。

本人確認書類は現住所が記載されているものを提出する

本人確認書類は、現住所が記載されているもののみ有効です。現住所と異なる住所が記載されている書類は、本人確認書類として使うことはできないので注意しましょう。

異なる住所が記載された書類を提出してしまった場合、書類を再提出する必要があり、二度手間になってしまいます。

申込時には、現住所が記載された書類を用意しましょう。

テレビ窓口でカードを受け取るなら運転免許証を持って行く

バンクイックのローンカードは、郵送かテレビ窓口で受け取ることができます。郵送の場合、カード到着まで2日~1週間程度かかるため、契約した後すぐに借り入れしたいならテレビ窓口での受け取りがおすすめです。

テレビ窓口でカードを受け取る際には、運転免許証が必要になります。

なお、健康保険証やパスポートといった他の本人確認書類はローンカード受取時には使えません。テレビ窓口でカードを受け取って、すぐに融資を受けたい場合は、運転免許証を必ず持って行きましょう。

三菱UFJ銀行カードローンの増額審査はなかなか成功しない

銀行カードローンの審査に通過するためには、収入と借入額のバランスが重要です。なので、初回申込時は希望額を抑えて申し込む必要があります。

もしも、まとまった金額を借りたいなら、利用実績を積んでから増額審査を受ければ借入額を増やすこともできます。

ただ、三菱UFJ銀行カードローンの増額審査はなかなか成功しないと有名です。

バンクイックでは、カードローン利用中の顧客も継続して審査を行っており、優良顧客には増額案内を行います。

もしも増額案内が来たタイミングで、増額申込をすれば審査通過の可能性は高いですが、案内されていないのに増額申込をして成功した方はほとんどいないようです。

増額案内そのものも、他社に比べると件数が少ないと言われているので、初回申込時の融資限度額を増やすことは難しいと思っておきましょう。

もしもまとまった大きな金額を借りたいという方は、違うカードローンで利用実績を積んでから増額した方がよいかもしれません。

それでも増額したい場合は、ホームページや電話から増額申込を行いましょう。審査結果は、申し込みから数日~1週間くらいで届きます。

三菱UFJ銀行カードローンをはじめて申し込む方によくある質問

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」をはじめて利用する方によくある質問をまとめました。これを読んで万全の状態で申し込めば、より円滑に手続きを進めることが可能です。

申し込みから融資までどれくらいの時間がかかりますか?

2018年以降、銀行カードローンは即日融資ができなくなりました。なぜなら、申込者は警察庁データベースの照会を受けることが義務づけられ、照会結果は最短翌営業日に判明するためです。

しかし消費者金融では、今でも即日融資が可能と謳っています。それは消費者金融の場合、警察庁データベースの照会が義務ではないため、最短30分という超スピードで審査が可能となっているのです。

ですので、三菱UFJ銀行でも申し込みから融資までは、最短でも翌営業日となります。

三菱UFJ銀行の口座は必須ですか?

バンクイックの利用にあたって、三菱UFJ銀行の口座は必須ではありません。自行の口座開設が必須の銀行カードローンが多い中、口座開設しなくても利用できるのは大きなメリットです。

ただ、口座を持っていた方が申込時の入力項目も少なく済みますし、ローンカードが手元に到着していなくても、申し込みから最短翌営業日に融資を受けることができて便利です。

融資を急いでいないなら、先に口座を作っておいた方が後々便利なのでおすすめです。

職場への電話による在籍確認は避けられませんか?

三菱UFJ銀行カードローンの審査では、電話による職場への在籍確認を避けることはできません。

大手消費者金融では、相談すれば書類で在籍確認を行ってくれる場合もありますが、三菱UFJ銀行の在籍確認は電話のみです。

どうしても職場に電話がかかってくるのを避けたい方は、消費者金融からの借り入れを検討しましょう。

家族に借金がバレたくないのですが、郵送物はありますか?

郵送やFAXで申し込みを行った場合に、自宅へバンクイックカードと契約書類が郵送されます。

自宅に郵送物が届くのは嫌だという場合は、テレビ窓口で契約しましょう。テレビ窓口なら、その場で契約書類やカードを受け取ることができ、郵送物はありません。

なお、勤務先に郵送物は届きませんかという質問も見かけますが、勤務先に郵送物が届くことはないので安心してください。

もしも審査に落ちたらどうすればいいですか?

審査に落ちたからといって、慌てて短期間に複数社へ申し込むのは絶対に避けましょう。

申し込み履歴も個人信用情報として保管されるので、審査で「複数社に申し込むなんて、相当お金に困っている人だ」と判断されてしまいます。

万が一審査に落ちてしまった場合は、まず審査落ちの理由を考えてみましょう。

銀行は審査落ちの理由を開示してくれませんので、自分で考えなければなりません。とくによくある理由が以下の5つです。

  • 2年以内にクレジットカードや携帯電話料金の支払いを延滞した
  • 年収が100万円未満
  • 他社借り入れが複数ある
  • 申込時の申告内容に嘘がある
  • 1カ月など短期間の間に3件以上のカードローンやクレジットカードに申し込んだ

これらに思い当たる点がある場合は、借入件数を減らすなどしてから申し込みましょう。

なお、カードローンやクレジットカードの申し込み情報は、信用情報機関に6カ月間保管されますので、半年以上経過してから申し込めば審査通過の可能性が高くなります。

その次にするべきなのが、次に申し込むカードローンの選定です。三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、同じような審査難易度である銀行カードローンの利用は厳しいといえます。

ですので、万一審査落ちしてしまった場合は、銀行カードローンよりも審査通過率が高い消費者金融系カードローンへの申し込みを検討しましょう。

絶対に銀行カードローンがいいという方は、保証会社が違えば審査基準も若干変わるはずなので、三菱UFJ銀行の保証会社であるアコムが保証をしているカードローンは避けて申し込みするといいでしょう。

アコムが保証会社をしている、バンクイック以外の主なカードローンは「セブン銀行カードローン」があります。

三菱UFJ銀行カードローンの審査は厳しくない!収入にあった借入額で申し込もう

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は、決して厳しいわけではありません。毎月安定した収入があって、過去に金融トラブルがなければ審査通過の可能性は十分あります。

さらに審査通過の可能性を上げるためには、収入に見合った借入希望額で申し込みをするのが大切です。

また、すでに他社の借り入れがあるならできるだけ返済してから申し込みましょう。

審査のポイントをしっかり抑えて、賢く計画的に利用してください。