みずほ銀行カードローンの審査に通過するポイントとは?最速で借り入れする方法を解説

メガバンクの一角であるみずほ銀行が提供する、低い金利と使い勝手の良さがウリのみずほ銀行カードローン

大手銀行ということで安心感があり、カードローン初心者の方にもおすすめです。

みずほ銀行カードローンへの申し込みを検討されている方に向けて、借り入れまでの流れや審査内容について解説します。

  • みずほ銀行カードローンでは何を審査されるのか
  • すぐに借りることはできるのか
  • 他の銀行や消費者金融のカードローンとは何が違うのか

とくに多くの方が気になる上記の疑問を解消できますので、申し込む前に一読していただけると幸いです。

目次

みずほ銀行カードローンの特徴

Web申し込みは24時間受付

みずほ銀行カードローンはパソコンやスマートフォンを使用することで、24時間365日申し込めます。

さらに本人確認用の書類送付や借り入れまでWebで完結できるのも魅力です。

時間に縛られずに利用できるので仕事などで日中忙しい方でも安心です。

みずほ銀行のキャッシュカードで利用可能

多くの銀行や消費者金融ではローン専用のカードが発行され、カードを使ってATMで借り入れを行います。

ただカードのデザインによってはカードローンを利用していることが知られてしまう可能性があったり、財布がかさばったりと煩わしく感じることがあるかもしれません。

一方でみずほ銀行カードローンは、みずほ銀行のキャッシュカード1枚で借り入れができます。

見た目から周りに知られることもないので、安心して利用することが可能です。

カードローンの利用で「うれしい特典」が適用

みずほ銀行ではみずほマイレージクラブ」に登録していると、取引状況によって3段階の特典を受けられます。

中でも月末にカードローンの利用残高があると、以下の最高グレード特典が適用されるのでお得です。

  • みずほ/イオン銀行の時間外手数料無料
  • イーネットATM時間外手数料月3回まで無料
  • みずほダイレクトのみずほ本支店宛振込手数料0円
  • みずほダイレクトの他行宛振込手数料0円
  • キャッシュカード新規発行手数料0円

みずほ銀行カードローンの申し込みから審査までの流れ

続いてみずほ銀行カードローンの申し込みの流れを確認していきましょう。

申し込み方法は5つ

申し込みはPC・スマートフォン・郵便・電話・店頭からできますが、PCとスマートフォンは最短翌営業日それ以外は翌々営業日以降に審査が終了します。

郵送にかかる期間や店頭での待ち時間も考えると、PCかスマートフォンでの申し込みがおすすめです。

審査

申し込みが完了すると、みずほ銀行の保証会社であるオリエントコーポレーションによる審査が行われます。

「オリエントコーポレーション」と聞くとなじみがないかもしれませんが、一般的に「オリコ」と呼ばれ、クレジットカードの発行や保証業務などを行っている信販会社です。

この審査の段階で勤務先への在籍確認が行われ、申し込み内容によっては保証会社から会社へ連絡が入ることもあります。

みずほ銀行カードローンの書類の提出から契約までの流れ

必要書類の提出

無事に審査通過となると、みずほ銀行の口座を持っている方には「必要書類登録用URL」がメールで届くので、以下の書類を送付します。

口座を持っていない方はローン契約と同時に口座を開設するか、別途自分で作成する流れになります。

本人確認書類

本人確認資料として次の身分証明書から1点を送付します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民票
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

本人の年収を確認できる書類

こちらは希望する限度額が50万円を超える場合に必要になる可能性があります。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書もしくは課税証明書

契約完了・借り入れ

カードローン口座の開設が終了するとメールが送付され、自宅に契約内容確認書が郵送されます。

カードローン専用のカードを申請した方は、同じく郵送でローンカードを受け取った後に借り入れができるようになります。

みずほ銀行カードローンの借り入れ方法

借り入れ方法は大きく分けて2つ

みずほ銀行カードローンでの借り入れ方法には「みずほダイレクトでの借り入れ」「ATMでの借り入れ」の2種類があります。

みずほダイレクトでの借り入れ

「みずほダイレクト」とは、みずほ銀行のインターネットバンキングサービスで、パソコンやスマートフォンから銀行取引ができます。

メンテナンス時間を除いて24時間借り入れができるので、急にお金が必要になったときにも安心です。

ATMでの借り入れ

ローン契約をしたキャッシュカードやローン専用カードがあれば、みずほ銀行ATMやコンビニATM・提携金融機関ATMからも借り入れできます。

ただし土日・祝日の夜間など、ATMによっては借り入れできない時間帯もあるので注意が必要です。

カードは2種類から選べる

カードは「キャッシュカード兼用型」「カードローン専用型」の2つから選べます。

機能面に大きな違いはないので、好みに合わせて好きな方を選んでいただいて構いません。

他にも利用できる機能が豊富

通常の借り入れに加えて以下の機能をつけることもできます。

自動貸越機能(キャッシュカード兼用型のみ)

残高以上に引き出そうとした場合に、不足分を自動的にカードローンから借り入れができる機能です。

自動融資サービス

公共料金やクレジットカード料金の引き落としができなかった場合に、不足分を自動融資で補う機能です。

みずほ銀行カードローンの3つの返済方法

カードローンの返済は「自動引き落とし」のほか、ATMやみずほダイレクトでの任意返済にも対応しています。

早く完済したい方はこちらも活用しましょう。

カードローン自動引き落とし

基本的にはみずほ銀行の返済用口座から、毎月10日に自動引き落としされます。

返済額は毎月10日の借入残高に応じて変動する「残高スライド方式」で決まります。

ATMでの任意返済

みずほ銀行やコンビニATMを利用することで、好きなタイミングで任意返済できます。

ただしこの場合も、毎月10日の返済日には自動引き落としが行われるので注意しましょう。

みずほダイレクトでの任意返済

インターネットバンキングのみずほダイレクトからも、24時間任意返済できます。

この場合も毎月10日の自動引き落としは行われます。

利息も含めた全額を返済したい場合は、みずほ銀行の店舗へ行く必要があるので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンの申し込み条件

みずほ銀行カードローンは誰でも申し込めるわけではありません。

年齢・収入・借入限度額などで条件が設定されているので確認しておきましょう。

年齢

みずほ銀行カードローンに申し込めるのは「満20歳以上66歳未満」の方です。

三井住友銀行カードローンの69歳という年齢上限には劣りますが、業界全体で見ると平均的な設定です。

収入

収入に関しては、多くの金融機関と同様に「安定かつ継続した収入が見込める方」という条件がついています。

こちらは毎月決まった給与収入があれば問題ありません。

借入限度額

借入額の限度は「10万円~800万円」ですが、100万円までは「10・20・30・50・100」という5段階で設定する必要があります。

100万円超えの場合は原則100万円単位ですが、インターネット申し込みでは50万円刻みで設定することが可能です。

また、金利に関しては借入限度額に応じて「2%~14%」が適用されます。

14%という上限金利はメガバンクの中でも最も低く、長期間借りる場合にも安心です。

【重要】最速でみずほ銀行カードローンを契約する方法

銀行系のカードローンは審査が長い、というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?

実際に消費者金融よりも時間がかかることが多いですが、ここでは最速で契約までたどり着くポイントを3つ紹介します。

パソコン・スマートフォンからWeb申し込み

申し込み方法は5つありますが、最短で翌営業日に審査が終了するのはPC・スマートフォンからのWeb申し込みだけです。

店頭で長い時間待たされることがないので、早く契約したいならWeb経由で申し込みましょう

事前にみずほ銀行の普通預金口座を作成しておく

みずほ銀行カードローンを契約する際には、返済口座をみずほ銀行口座にしなければいけません。

カードローンの申し込みと同時作成でも問題ありませんが、キャッシュカードが送付されてネットバンキングを利用できるようになるまでに、1週間程度かかってしまいます。

審査期間中には口座開設の手続きを進められないので、事前に店舗かインターネットで口座開設を済ませておくとスムーズです

月曜日までに申請する

みずほ銀行カードローンの審査は平日にしか行われません

さらに審査が終了するのは最短でも翌営業日となっており、週後半に申し込むと審査状況次第では5日程度かかってしまう恐れがあります。

最短での契約を目指すのであれば、月曜日には申し込みが完了している状態にしておきましょう。

みずほ銀行カードローンの審査では何を見られる?

契約までの流れを確認したところで、みなさんが気になる「みずほ銀行カードローンの審査基準」について見ていきましょう。

審査のポイントは「本人の属性」「信用情報」「口座の入出金情報」の3つです。

本人の属性

まずは利用者の氏名や生年月日など、基本的な個人情報について確認されます。

こちらは申し込みフォームに入力するものですが、すでにみずほ銀行の口座を持っている方は口座の登録情報を利用することで入力の手間を省けます。

信用情報

これまでに利用したクレジットカードやローンの履歴である「個人信用情報」が確認されます。

こちらはCICやJICCなどの信用情報機関で管理されており、カードローンの申し込みがあると金融機関は情報の照会を行います

過去に大きな金融事故を起こしていなければとくに問題ないですが、支払いの延滞や債務整理の記録があると審査落ちの原因となるので注意しましょう。

口座の入出金状況

すでにみずほ銀行に口座を持っている方の場合、口座の入出金データも確認される可能性が高いです。

給与などの継続収入が確認できた場合、公共料金やクレジットの支払いが順調な場合には審査で有利になります。

みずほカードローンの審査に落ちる原因

もしあなたが次の4つのどれかに当てはまる場合、みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまう可能性が高いので気を付けてください。

信用情報に傷がついている

直近5年間で「長期の延滞」「自己破産」「債務整理」などを行った場合、審査に通る可能性はほとんどありません。

長期延滞は携帯電話料金(本体代を分割で支払っている場合)やクレジットカードの支払いも対象なので注意しましょう。

直近で複数のカードローンに申し込んでいる

どうしてもすぐに現金が必要な状況になった時、あらゆるカードローンに手当り次第に申し込みたくなるかもしれません。

しかしカードローンへの申し込み履歴は、個人信用情報に一定期間残ってしまいます

必ずしも悪影響になるわけではないですが「返済能力が低いのでは?」という印象を持たれてしまうリスクがあります。

虚偽の申告をしている

少しでも審査での印象をよくしようと、年収や勤務先の情報を偽ってしまう人は多くいます。

しかし大半は信用情報照会や在籍確認によって虚偽だと発覚するので、申込書類には必ず正確な情報を記載しましょう。

安定した継続収入がない

カードローンは借金の一種なので、銀行側は審査において「きちんとお金が返ってきそうか」を重視します。

それを判断する上で「申込者の収入」は大きな材料となるため、毎月の安定収入がないと契約するのは難しいです。

【要チェック】みずほ銀行カードローンの審査がスムーズに進む人の特徴

みずほ銀行の口座で入出金の実績がある

返済能力の有無を判断する上で、銀行口座の入出金情報は大きく役に立ちます。

とくにみずほ銀行をメインバンクとして使っている場合は、給与振り込みや公共料金・家賃等の支払い履歴があるので、お金の動きから大まかな家計を確認できます。

大きな浪費癖もなく収入や支出が毎月安定している場合は、返済能力が高いと判断されて審査で好印象です。

住宅ローンの契約をしている

みずほ銀行では住宅ローンの提供も行っています。

住宅ローンの審査に通過した実績があればカードローンも問題なく契約できる可能性が高いです。

ちなみにみずほ銀行は住宅ローン契約者限定で、カードローン金利が0.5%下がるサービスを行っているので上手に活用しましょう。

契約限度額が低い

一般的に希望する限度額が高くなるほど審査は厳しくなります。

とくに収入証明書が必要になる50万円以上や、年収の3分の1に近い限度額の場合は審査が厳しくなることが多いです。

契約後に増額の審査を受けることもできるので、契約までのスピードを優先するのであれば、最初の限度額は低めに設定しておくといいでしょう。

みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

銀行系のカードローンは審査が厳しい印象ですが、みずほ銀行の場合は他の銀行や消費者金融と比べてどうなのでしょうか?

近年銀行のカードローン審査は厳格化している

銀行系カードローンは貸金業法上の総量規制の対象外となっており、2010年代前半までは年収の半分を超える融資も行われていました。

しかし過剰な融資による自己破産者数の増加などが問題視され、2010年代後半からは金融庁主導で限度額や審査方法が規制されています

総量規制

貸金業者が行う貸付は、利用者の年収の3分の1を超えてはならないという規制。

現在は貸金業者ではない銀行カードローンも総量規制に沿った対応をとっています。

とくに審査では警視庁のデータベース照会などのフローが追加され、即日借り入れは事実上不可能となっています。

みずほ銀行カードローンが極端に厳しいことはない

とはいえ、みずほ銀行カードローンの審査が極端に厳しいことはありません。

金利が低いため消費者金融よりは厳しいですが、信用情報に傷がなく収入が安定していれば、問題なく契約できる可能性があるカードローンです。

みずほ銀行カードローンの借入限度額を増額する方法

ここでは借入限度額の増額方法を紹介します。

限度額が増えると金利が下がる可能性もあるので要チェックです。

カードローンの再申し込みが必要

借入限度額を増額したい場合は、カードローンの再申し込みを行わなければいけません。

その時点での情報をベースに再度審査が行われ、問題がなければ限度額を引き上げることができます。

審査結果次第では限度額が下がることも

収入や勤務先、信用情報次第では再申し込みをすると限度額が下がってしまうこともあります。

とくに契約時よりも収入が下がっていたり、信用情報に傷がついていたりする時は限度額が下がりやすいです。

まとめ

最後に、重要なポイントをおさらいします。

みずほ銀行カードローンでは何を審査されるのか
→大きくは「本人の属性」「信用情報」「口座の入出金」の3つ

すぐにお金を借りることはできるのか
→消費者金融と違って即日でお金を借りることはできません。
それでもみずほ銀行の口座を持っていると、比較的スムーズに契約ができます。

  • みずほ銀行カードローンの審査を通過できるイメージが湧いた
  • 即日融資できないデメリットよりも、みずほ銀行カードローンのメリットの方が響いた

上記に当てはまる方は、みずほ銀行カードローンに申し込んでみましょう。